「課題はあるのですが、売り込みに走りがちなのですね」

こんにちは、狩生です。読者の方から声をいただいたので、ご紹介します。

参考になりました。自社のビジョンを作成中で、内容の組み立て方をどうするか、なにか秘策があるか模索しておりました。課題はあるのですが、売り込みに走りがちなのですね、なるほど、課題とそれにどう反応してもらえるかの内容をもう一度考えてみます。

無料で提供しているレポートをお読みいただいた方から感想をいただきました。

「課題が何か」はわかっていらっしゃるということで、あとはそれにどう対処するか?ですね。このあたりは、同じ業界でも商品サービスと対象者によって大きく変わってきますので、慎重に考えていくことが大切です。

最初の一歩が大切です。

そうすることで、“売り込み”視点から脱却することができます。相手視点というのは使い古されすぎた言葉ですが、とても重要なPOINTです。それが腑に落ちて理解しているかどうかというのは、“課題”をきちんとこちら側がわかっているかどうか、ということにも関係してきます。

 


→コピーライティングのことならワードメーカー株式会社|ワードメーカー株式会社のホームページはこちら