「広告って、売ってはダメなんだな~と思うようになりました」

こんにちは、狩生です。 メールマガジンの読者の方から声をいただいたので、ご紹介します。

この話が実話かどうかは分からないけど、フィクションでも大変いい話だと思いました。私は最近仕事を辞め、主人の仕事(工務店)を手伝うことになった者なんですが、広告って、売ってはダメなんだな~と思うようになりました。有難うございます。

P.S.
狩生さん、ブログ見てます。
すっごく参考になります。
無料でこんなに情報提供してもいいの?と思うくらいです。
これからも頑張ってください。

ご感想ありがとうございます。

このブログでもご紹介している動画についての感想をいただきました。売るべきところは売らないといけないんですが、それよりも前にやるべきことがあります。それが、相手について把握することです。意外と把握しないまま、売り出していることが多いです。そういうときはやはり、売ってはダメなんですね。

「どこに視点を置いているか?」はとても大切で、客観的な視点が身につくようになると、本当に提供する相手のことを知ることができるようになります。そして、最後に応援もありがとうございます^^ これからも、不定期にはなりますが、大切な情報を届けていきます。

 


→コピーライティングのことならワードメーカー株式会社|ワードメーカー株式会社のホームページはこちら