コピーライティングにおいて、“わかりやすさ”は超重要

わかりやすさ

こんにちは、狩生です。

コピーライティングを学んでいくと、いろんなテクニックを使いたくなるものですが、コピーライティングにおいて“わかりやすさ”は非常に重要なPOINTです。

たとえば、有名なコピーで言えば、

痔にはボラギノール

悩みと商品名をつなげただけです。ただそれだけなのですが、とてもわかりやすいコピーになっています。

この【悩み→商品名】になっているコピーは探すとたくさんあります。

ゴホン!といえば龍角散

・・・も有名ですね。シチュエーションで悩みを表現しているコピーになります。

「こういう状態になったら、この商品で解決しませんか?」と言っているわけですが、それを短く表現しています。特に、CMなどでは短く表現することが欠かせません。

商品名自体が悩みや解決策を含んでいる場合もあります。

小林製薬の商品は特に多いです。たとえば、

熱さまシート
トイレその後に
ブレスケア

・・・など。「こういうシチュエーションで使ってください」ということが商品名に含まれているので、非常にわかりやすいです。

考えすぎると変なネーミングをつけてしまったり、説明されないとわからなかったり・・・。そういった商品名やサービス名は世の中にたくさんありますね。

そうならないためにも、“わかりやすさ”を視点に商品サービス名やキャッチフレーズをまずは考えてみてください。

“ひねる”のは、最初に王道を考えてからです。そのままで伝わりやすいキャッチフレーズやネーミングを考えたあとに、ひねれる部分はひねってみるのです。

 


→コピーライティングのことならワードメーカー株式会社|ワードメーカー株式会社のホームページはこちら